海外FX口座開設の流れ

1.口座開設専用フォームに行く

まず、口座開設しようとするFX会社専用の口座開設フォームのページに進みます。

たとえば

GemForexの口座開設ページはこちら

is6comの口座開設ページはこちら

XMTradingの口座開設ページはこちら

2.名前住所など基本情報を入力する

専用口座開設フォームに名前住所メールアドレスなど基本的な情報をアルファベットで入力します。必須項目を入力して送信することで口座開設がほぼ完了します。

各FX会社の専用フォームはこんな感じです

XMTradingの口座開設専用フォームの画像
XMTradingの口座開設専用フォーム
GemForexの口座開設専用フォームの画像
GemForexの口座開設専用フォーム
is6comの口座開設専用フォームの画像01
is6comの口座開設専用フォームその1
is6comの口座開設専用フォームの画像02
is6comの口座開設専用フォームその2

住所の記載についてローマ字式だと順序が逆などありますが、ここでの住所記載の目的は何か物を配送するのではなく、3での証明書との一致を確認するためのものです。上の写真のように各単位ごとに記載がわかれているので、以下のように記入するといいでしょう。

都道府県

東京都    大阪府       神奈川県

Tokyo-to   Oosaka-hu    Kanagawa-ken

群・市区町村

品川区       京都市

Sinagawa-ku    Kyoto-shi

丁目番地号

(一丁目二番三号なら)

1-2-3

会社によっては長いマンション名は省略可

    

専用フォームから送信した後は、登録したメールアドレスに自動返信が来ていると思います。メールに記載されたリンクからアクセスすることでメールアドレスの認証をすることになると思います。

各会社のマイページに、メールで告知されたID又はメールアドレスおよび登録したパスワード又はメールで告知されたパスワードを用いて、ログインすることになります。

3.必要書類のアップロード

マイページにログインしたら、その中に、パスポートや運転免許証、住所が記載されている公共料金の明細書などをカメラで撮影して添付してアップロードします。

2で口座開設は完了していて取引できる会社が多いですが、稼いだ利益を現実に引き出すには必要書類の提出が必要になります(さらに銀行口座の登録など)。

4.審査

特に問題なければ口座開設の手続きが全て終了です。